ここがポイント!マンションのモデルルームのチェック事項

モデルルームの見た目に惑わされない

新築マンションを購入する場合は、物件自体がまだ建設されていないことが多いためモデルルームを見て購入するかどうか判断することになります。モデルルームでは見た目に惑わされないようにすることが大事です。模型はかなり正確に作ってあるはずですので全体のイメージだけでなく日当たりの想定や周辺の地形にも注目するといいでしょう。モデルルーム内のインテリアは価格には入っていない家具を含めてプロがデザインしているケースもあるので、家具がなかったらどうなるかをイメージして見ること、どの部分がオプションかを確認することがポイントです。

家具の配置をイメージしてみる

モデルルーム内は、雰囲気を知ることも大事ですがいろいろな寸法を測っておくことが大事です。コンセントは部屋のどの位置にありドアや角からどの程度離れているか、窓の高さはどれぐらいか、ドアはどの部分にあって開閉で影響を受ける部分はどの範囲かなどを確認することによって、自分がその部屋を購入した場合の家具の配置等を具体的に計画することができます。現地でモデルルームの図を書いて家具の置き方を書き込んでイメージするという方法も有効です。

内装以外の情報も集める

部屋の確認も大事ですが、モデルルームでは共用部分や構造に関する情報を集めることも大事です。構造については壁の厚さや床の厚さに注目して情報を集めるといいでしょう。これらの厚みがあるほど騒音が抑えられるので大切なポイントです。また、共用部分に関してはセキュリティーに関する点を中心に確認しておくべきで、敷地に入る時点やマンション棟に入る時点の管理はどうか、警備に関しては24時間有人管理かどうかといった点が重要です。パンフレットでも確認できますが、現地で係員にいろいろ確認できる点がモデルルームのメリットです。

函館のマンションは、とにかく眺めがいいことが特徴です。函館と言えば夜景が美しいことで知られています。マンションの場所によってはその夜景を一望することができます。海にも近いので目の前にきれいな海が広がるマンションや、神秘的な朝日・沈んでいく夕日を拝むことのできるマンションもあります。海だけでなく山も見ることができ、良い眺めの場所です。