初めての一人暮らし!部屋探しで気を付けたいことは?

まずは防音!建物の造りや周囲の環境をチェック

「仕事が忙しくて寝るだけの部屋だから何でもいいや」というのは大間違い!周りがうるさくて眠れない…なんてことにもなりかねません。賃貸のトラブルで最も多いのは「騒音」に関する苦情です。他人の出す音というのはとにかく気になるので、なるべく防音のしっかりした物件を選びましょう。また、周辺の環境も大切!幹線道路や繁華街が騒がしいのはもちろんですが、静かな住宅街であっても小学校や保育園などの音はかなり周囲に響きます。夜勤明けに寝ようとしたら、近くの保育園から子供の声が…という事態になるとストレスもたまりますので、自分の生活スタイルに合った立地の物件を選びましょう。

湿気、日当たり、電波、ゴキブリ?!1階のデメリット

「防犯の面から考えて、1階は危険」という言葉はよく耳にしますが、1階のデメリットは防犯面だけではありません。たとえ南向きの物件であっても隣家や塀などに遮られて日差しが入りづらいことも多く、部屋の中が暗くジメジメしがちになります。湿気で家具や壁紙にカビが生えたり、ゴキブリやムカデなどの湿った環境を好む害虫が侵入しやすくもなります。また「携帯の電波が入らない」なんていうことも!「男だから1階でも危なくないでしょ」と考えている男性はご再考を。「1階は上階に比べて家賃が安い」というメリットもありますが、やむを得ず1階を選ぶ場合には湿気や電波についてしっかり確認しておきましょう。

退去時のことについて契約内容をしっかり確認しよう

学生さんはもちろんですが、転勤のあるお仕事の方も、住み始めて数年で退去という可能性もあります。その時になって高額な原状回復費用を請求されるというトラブルも時々聞きますので、契約時にきちんと確認しておきましょう。いかがでしたか?楽しみな反面、不安も多い初めての一人暮らし。引越して早々にトラブルに直面し、泣く泣く住み替えに…なんてことがないよう、賃貸物件は様々な観点から選び、慎重に契約してくださいね!

札幌の賃貸マンションでは、設備の充実度や居住環境の快適性、物件周辺の利便性など、様々な面に対して多くの魅力を持っています。