快適に夏を乗り切れる!別荘賃貸物件のロケーション3選

定番中の定番と言えばやはり内陸の高地

伊豆富士や那須、軽井沢を始めとして、盛夏でも涼しく快適に過ごせる別荘物件と言えばやはり内陸高原地帯に集中するものです。特にこうしたロケーションは朝方が素晴らしく、さわやかな緑と清涼な空気、そして鳥の歌声と共に目覚められるでしょう。ただメジャーどころの別荘物件は単独で借りるとランニングコストも掛かり負担が大きくなってしまうものですよね。そういったリスクを避ける意味でも会員制のリゾートマンション等、会員制の物件を持つ事によるメリットは大変大きなものとなっています。特にオフ時の物件管理や様々な特典が魅力的です。

海沿いであれば半島部の先端エリアを

首都圏近郊であれば房総、三浦、伊豆といった半島部の先端にある別荘物件は夏でも快適に過ごせ、人気も高いものがあります。これら半島部先端エリアのロケーションは真夏でも四方から涼しい海風が吹き気温上昇も抑えられ、日照100パーセントであっても昼間は実に快適。港町に近いロケーションであれば、日々新鮮な海の幸を調達する事も夢ではありません。またこうしたエリアは物件から幹線道路へのアクセスが良好なケースが多く、日々の生活や緊急時においても大変役立つものなのです。ただ四方が海に近く潮風に晒される期間も長くなりますから、物件の塩害対策は万全にしておくに越した事はありません。

純粋に涼しさを求めるなら北方のロケーションも一考

夏を快適に過ごすという目的だけであれば、首都圏からであれば那須以北の北方の避暑地エリアも十分選択肢の中に入ってくるでしょう。これらのエリアは流石に冬は積雪等もあり決して快適ではありませんが、真夏の1シーズンを過ごすには最適です。南のエリアでは多少オーバースペックになってしまうログハウスタイプの物件でも、こちらのエリアであれば夏でも心地良く過ごせるもの。意外と賃料が手頃である事も嬉しく、中には普段住まいのセカンドハウスとして代用可能な物件もあります。

札幌の賃貸にはたくさんの物件があります。そのために、希望の賃料やシフトを明確にすれば、短時間で該当する物件が見つかります。