賃貸住宅退去時に注意したい3つのポイント

解約の届け出には期限がある

賃貸住宅を解約し、退去する際はいくつか注意すべき点があります。まずは、解約に関する手続きです。基本的に借主はいつでも自由に解約・退去することができますが、この届け出は退去の一定期間前までに行われる必要があります。これを解約予告期間と呼び、一般的に1ヶ月と設定されているところが多くなっています。貸主としては、この期間を使い、次の借り手を探して空室を作らないようにするわけですね。契約書にこの期間についての説明があるので、よく読んでおきましょう。

各種解約・変更手続きは早めにすませる

退去時には、水道や電気、ガス、ネットなどの公共設備の利用停止手続きをする必要もあります。これらは、各役所や会社に連絡し、退去日に解約してもらうようにします。この他にも、住所変更・転出届などの手続きが必要になってきます。必要書類を準備しなければならず、時間がかかることもありますので、注意が必要です。退去、引越し時はただでさえいろいろと忙しくなりますので、時間に余裕をもってすませておいた方がよいでしょう。

退去時の原状回復のトラブルを防ごう

これらの各種手続きや引越しをすませ、退去日をむかえることになりますが、最後に注意すべき大きなポイントがあります。貸主は、部屋に借主による傷や汚れがないかチェックし、原状回復にかかる費用を計算することになります。実はここで、その費用負担に関わるトラブルが発生するケースも少なくありません。これを防ぐためには、入居前の状態を写真などで記録しておき、退去時に貸主立ち合いのもと綿密に確認するとよいでしょう。また、後で送られてくる請求書の修繕内容をチェックし、疑問点があればすぐに貸主に相談することも大切です。

江別市は札幌市に隣接しており、電車を使えば札幌都心部までは約20分から30分ほどの立地となっています。そのため、札幌都心部に通勤しやすい賃貸なら江別市の賃貸がオススメです。