賃貸選びを失敗しないために気を付けるべきこととは?

不動産屋に行く前に、候補を決めておくこと

アパートやマンションを賃貸するにあたって、普通は、まず不動産屋に行くでしょう。もちろん個人的な伝手でもない限り、不動産屋に行かないと物件を見つけて契約をすることができません。しかし、行く前に考えておくことがあります。それは、絶対に払うことのできる家賃の額です。なぜかと言うと、立地等ならば妥協しても生活上の不便を我慢すればよいですが、家賃はお金がないと払うことができません。給料はそうそう変わらないのに、高い家賃を払い続けることは大きな負担になります。したがって、予め、余裕を持って払える最高額を決めておく必要があります。

ネットで候補を決めてから行く

予め、具体的な候補を考えておくことも重要です。不動産屋に行くと、つい相手の言葉に引きずられて、その場の雰囲気で契約して失敗することは、よくあるパターンです。最近では、不動産屋は賃貸物件を、ネットで検索できるようにしています、そのため、前もって自分の住みたい地域、駅、家賃を参考の上、具体的な物件に絞ってから行くと、交渉がうまくいきます。たとえその物件自体を選ばなくても、不動産屋で薦められた物件と比較することもでき、悩まなくて済みます。

騒音トラブルがないか確認

集合住宅であれば、騒音トラブルが生じる場合があります。それを避けるには、契約を結ぶ前に不動産屋に確認する必要があります。そんな不利なことを教えてくれるはずがない、と思うかもしれませんが、不動産屋には知っていることを話さなければならない告知義務があります。もし、それを言わずに契約を結んでトラブルになれば、借りた側は、損害賠償を請求したり解除したりすることができます。そのため、不動産屋は後で不利益を被ることを覚悟してまで隠し事はしません。したがって、積極的に質問して、騒音トラブルがないかどうかを確認しましょう。

札幌市東区の賃貸マンションは、駅から近くコンビニも近くにあるので一人暮らしには最適な賃貸マンションとなっています。