新築の建売住宅と注文住宅で違う点とは?それぞれの特徴とメリット

新築一戸建て住宅に共通するメリット

建売住宅と注文住宅のどちらの場合でも新築で購入するメリットは、誰も住んだ事のない綺麗な状態の家で生活をスタートさせる事が出来るといった点が挙げられますよね。それ以外にも、マンション住宅とは異なり、駐車場を探したり契約する手間がかからない事や駐車場代を支払う必要がない事で出費を減らす事が出来る事をメリットに感じる方は多いんですよ。また、庭がある事で規模の大きな家庭菜園を行う事が出来る事やちょっとした運動をする事が出来る等、一戸建て住宅ならではのメリットがあります。

建売住宅にしかないメリット

建売住宅は、すでに建物が完成されている事から実際に見学をする事で仕上がりをイメージしやすい事がメリットとして挙げられます。コンセプトの近いデザインとなっているモデルハウスを数種類見学する事で、その中から好みや理想に近い住宅を選ぶ事が出来るので優柔不断気味の方から人気があるんですよ。また、販売価格が明確となっている事で予算をオーバーする事を防ぐ事が出来る事や余った予算で家具や家電をグレードアップする事も出来ます。

注文住宅にしかないメリット

注文住宅では、デザインから間取りまで自分で決める事が出来る事から高い人気があります。拘りたいポイントを絞って予算を割いたりする事も出来るんですよ。予算オーバーを心配する方も多いですが、予め施工会社に予算を伝えておく事で予算内に抑える事も可能です。また、建物住宅との違いとして、建築過程を確認する事が出来るといった点も挙げられます。1つ1つの工事内容や進捗を確認する事が出来る事で新築住宅を購入した実感が湧いたり、安心して暮らす事が出来る住宅が建てられているかといった細かい箇所をチェックする事が出来るんですよ。

船橋市で新築一戸建てが人気です。理由はJR総武線・東武線が走っていて東京へ出るのに利便性が良い事と、駅前には駅ビルや商業ビルなどが数多くあり生活するのに必要なものが取り揃えられるので便利です。